AGA治療薬のミノキシジルについて

ミノキシジルとは、男性型脱毛症と呼ばれるAGAの症状を治療するのに使われる血管拡張薬です。AGAとは、年齢を重ねていくにつれて、少しずつ髪の毛が薄くなっていく男性によく見られる症状のことであり、おでこの生え際が後退したり、頭頂部が全体的に薄くなったりしますが、一般的なスカルプシャンプーや育毛剤だけでは、症状が改善されにくいとされています。一般的な育毛剤で症状が改善するのが困難な理由は、男性型脱毛症の原因に直接対処するのに効果が認めたれている成分は、使用する上で取扱いに注意をする必要がある成分であるため、一般的に販売されている育毛剤とは違い、医薬品として販売する必要があるためです。

日本ではリアップだけがミノキシジルを配合している育毛剤として提供されていますが、リアップ以外の男性型脱毛症の原因に直接対処する製品を購入するためには、専門外来や皮膚科の病院などでお医者さんに処方してもらう必要があります。髪の毛が薄くなっている症状を改善させるためには、薄毛が進行するのを止める方法と、すでに髪の毛が薄くなっている部分に髪の毛が再び生えるようにする方法の二種類の方法がありますが、ミノキシジルはすでに髪の毛が薄くなっている部分に髪の毛が再び生えるようにする効果が認められている成分となっています。髪の毛が薄くなってしまうのは、Ⅱ型5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きによって強力な活性男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが発生するためで、ジヒドロテストステロンの働きによって毛根には、髪の毛に栄養を補給されにくくなってしまい、少しずつ髪の毛に栄養を補給するための血管が縮まってしまい、頭皮の毛細血管の血液の流れが悪くなっている状態にあるためです。
ミノキシジルは、血管を拡張させて、血液の流れを良くする効能が認められている血管拡張薬で、高血圧の症状に対処する医薬品として使われていたのですが、後になって髪の毛が生えてくる効果があることが認められて、薄毛の症状を改善させる血管拡張薬として提供されるようになりました。つまり、活性男性ホルモンの働きにより収縮してしまった血管を再び拡張させて、頭皮の毛細血管の血液の流れを改善することによって髪の毛が生えてくる効果が期待できるということになります。活性男性ホルモンの働きによって髪の毛が薄くなる症状進行している毛根に何もしない状態で蘇ることは、ほとんどありません。髪の毛が薄くなる根本的な原因となっているⅡ型5αリダクターゼが分泌させるのを抑制しないことには、活性男性ホルモンが生成されてしまうため、薄毛を解消することができなくなってしまいますが、血管拡張薬が配合されているリアップなら髪の毛が薄くなる症状を血管を拡張させる効果によって、活性男性ホルモンの働きによって衰えた毛根や、縮まってしまった血管を再び蘇らせてくれる効果が期待できます。

始めて利用される人や、髪の毛が薄くなっている症状がそこまで深刻ではないときにはリアッププラスを使用することから始めてみるのが良い方法の一つです。髪の毛が薄くなっている症状が深刻な状態の方のために、有効成分が高濃度で配合されている別の製品も用意されていますので、髪の毛が薄くなっている症状に応じて使い分けてみるのが良い方法ということになります。一般的に、頭皮に塗布して使用するタイプの育毛剤は副作用を引き起こしてしまう心配が比較的少ないため、高い発毛の効果を期待するときには、有効成分が高濃度で配合されている製品の方を選ぶのが良い方法になります。海外で販売されているような高濃度の製品を使用すると、頭痛や、かぶれなどといった副作用を引き起こす可能性があるため、ちゃんと日本で提供されている製品を使う必要があります。

AGA治療薬の種類「ザガーロ」

男性にとって、年齢を重ねるごとに薄くなっていく頭髪は最大の悩みの種と言っても過言ではなく、特に日本人男性でも数多くの患者がいるとされるAGAと呼ばれる男性型脱毛症は遺伝的な要素も強いため、父親や祖父を見ていると自分の行く末も想像できて忸怩たる思いをすることもあります。ひと昔前までは有効な治療法が無いとされていたこのAGAも、近年では医療技術の発達や研究の進展によって様々な治療薬や治療方法が確立されつつあり、その中でも比較的新しくリリースされたザガーロというAGA治療薬が注目を集めています。

ザガーロは、デュタステリドという成分を主な有効成分として配合されたAGA治療薬で、イギリスの製薬メーカーであるグラクソ・スミスクラインという会社が製造し、日本でも2015年の9月末に厚生労働省から製造や販売に関する承認を取得しました。実際に国内で販売が開始されたのは2016年6月と非常に新しく、カプセル型の錠剤で0.1mgと0.5mgの2種類が存在しており、ザガーロという名前の他にデュタステリドカプセルという一般名で取り扱われることもあります。実は前立腺肥大の治療薬として2009年から承認されている医薬品とは同じ成分で構成されており、商品名やカプセルの色が異なっているだけで効果や中身は全く同じものとなっていますが、AGA治療薬として承認販売が始まったのは韓国に次いで日本が2ヶ国目であり、歴史や実績が浅いため安全性について不安を感じる人も多いでしょうが、前立腺肥大症の治療薬としてはすでに100ヶ国以上で長く使用されてきた薬なので安全性について重大な問題の心配は無いとされています。他のAGA治療薬と同じく、男性ホルモンに働きかけて薬効を得るタイプの薬になるため男性における脱毛症にのみに有効性や安全性が確認されており、女性の薄毛や脱毛症に対しては同等の効果や安全性を得られない可能性もある上に、20歳以下の未成年に対する臨床試験は行われていないので安全性に不安が残ることもあるので注意しておきましょう。ザガーロの使用説明書や注意書きには「男性における男性型脱毛症」という記載が成されており、他のAGA治療薬に認められる症状の進行遅延効果は明記されていませんが、これは臨床試験などで発毛や育毛効果が十分に認められているため、進行遅延どころか大幅な改善効果が見込まれるという意味で記載されていないと言われているので安心してください。ザガーロを使用する上で注意すべき点としては、他の治療薬と基本的には同じで1日1錠をできるだけ決まった時間帯に服用すること、未成年や妊婦などは使用しないこと、成分が皮膚経由で吸収されてしまうためにカプセルが破れて薬が漏れた場合に不用意に触らないようにすること、効果を得るためには最低でも約半年間は服用を続けること、ただし半年服用しても効果が出ない場合は使用を中止すること、服用中は血中に成分が維持されるため献血は行わないことなどが挙げられます。重大な副作用は報告されていませんが、場合によっては勃起不全や性欲減退、肝機能障害などがごく稀に発生する可能性も報告されているので理解しておきましょう。

このように、新しいAGA治療薬であるザガーロはこれまで使用されてきた医薬品と比べ同等かそれ以上の発毛効果を得ることが確認されており、より有効性の高い優れた治療薬として注目を集めつつありますが、現段階では薬価基準未収載となっているためにどこの病院で処方してもらっても保険適用が受けられず、費用は全額自己負担となるため、長期的な使用を続けていくためにはそれなりの経済的な準備をしておくことが大切です。

AGAにはフィナバルトという専用の薬が効果的

AGAにはフィナバルトという専用の薬が効果的で、AGAは一般的な薄毛の症状と異なって専門的な治療が必要になる特別な症状であるため、医学的な根拠を伴った治療を進めていかないと薄毛の症状を抑えることが出来ませんが、正しい治療を進めていくと継続的に年数を重ねることによって発毛や育毛の効果を実感できたという人が7割から9割近くにも上るので、専門薬を使った治療は非常に効果的な発毛方法だと言えるのです。

では、そもそもなぜこのような製品を利用しなくては治療することができないのかと言うと、AGAという薄毛の症状は日常生活を送ってストレスを感じ、食生活や栄養バランスが崩れたことによって生じる病気ではなく、生まれた段階から将来的に薄毛の症状になってしまうことがわかっている症状のことを意味します。人間のホルモンには男性ホルモンや女性ホルモンと言った人間活動に大切なホルモンがあるのですが、こうしたホルモンは状況によって人間に対して大きな悪影響を及ぼすことが研究によってわかってきました。特に、男性ホルモンは頭皮の状態のバランスを変えてしまうほどの悪影響を放つことがわかっており、発毛阻害物質であるDHTという特殊な物質を作ってしまいますのでDHTが頭皮に直接働きかけることによって、前頭部や頭頂部の薄毛を進行させてしまいます。男性の中でも特に頭皮がこのような症状で薄毛が進行している人がいれば、その人は高い確率で男性型脱毛症であるAGAにかかっていると考えて間違いなく。こうした症状は市販で手に入れることが出来る育毛剤や発毛剤では改善することが出来ないため、医学的に開発された専門薬を利用しないと治療することができません。そのための専門的な製品として開発されたのが、プロペシアという製品でその後発医薬品として発売されたのがフィナバルトなのです。
フィナバルトはインドで開発されたジェネリックで、ジェネリックは一般の企業が先発医薬品を模倣して作った製品であるため成分として先発的に開発されたものとほぼ同じだと言えます。有効成分が同じであるため、男性型脱毛症にも効果的で治療に大いに役に立てることが可能です。
なぜこうした製品が大切になるのかと言うと、国内で支給されるプロペシアは非常に高価だからで、日本で支給されているプロペシアには、日本の保険制度が適用されないので入手するときには全額自己負担でお金を支払わなくてはいけないというデメリットがあり、一度の処方でプロペシアを貰うときにはだいたい7000円から1万円程度のお金が必要になる上に、基本的にプロペシアは継続的に服用しないと意味が無いので購入し続けると年間で10万円近くの自己負担が必要になります。プロペシアを服用して1年で効果を実感したというのは7割であり、複数年使い続けて効果が出たというのは9割になる現状を考慮すると、こうしたものは長い期間使うことを前提に購入しなくてはいけないので出来るだけ安い価格で入手したほうが良いわけです。
フィナバルトはプロペシアと有効成分は同じですが、民間企業が開発した供給量が非常に多いジェネリックであるため、価格そのものが非常に安く日本国内で入手する製品の半値以下の価格で入手できるのが普通で、医療費の負担を激減させることが可能なので形としてはプロペシアと全く種類が同じになっていることから男性型脱毛症を治療するときには非常に役に立つわけです。

フィナバルトを国内で入手するためには輸入代行を行ってくれる業者を探さなくてはいけませんが、個人目的で入手してそれを自身のために使うことは何も問題のない行為なので、実際に購入するときには正規品を手に入れることだけに注意して手続きをする必要があります。

AGA治療薬の種類「フィナロ」

男性にとってAGA「男性型脱毛症」は、もっとも気になる脱毛症といっても過言では無く、なぜなら現在約3人に1人が男性型脱毛症によって、抜け毛や薄毛を発症しているというデータもある程、この脱毛症は男性にとって身近だからです。

男性型脱毛症は、男性なら誰でも体内で作られている「テストステロン」という男性ホルモンが、ジヒドロテストステロンに変化する事で起こる脱毛症で、テストステロンからジヒドロテストステロンへと変わるのは、5αリアクターゼという酵素の働きによってと考えられています。

遺伝や体質などによって5αリアクターゼによって作られた、ジヒドロテストステロンは髪の毛根部分にある組織「毛乳頭」という部分の受容体と結びつき、毛乳頭の働き自体を阻害してヘアサイクルの周期を乱します。

ヘアサイクルとは髪が生えたり抜けたりを繰り返す周期の事で、成長期・退行期・休止期と3つの期間があり、成長期は毛根部分にある毛球が大きくなり、髪が太く長く成長する期間、退行期は毛球が小さくなり髪の成長がストップする期間、そして休止期は完全に活動が停止して髪が抜ける期間となっており、成長期は健康な毛根であれば約2年から6年程度、退行期は2週間程度、そして休止期は約3ヶ月から4か月程度続くのですが、男性型脱毛症を発症するとこの期間に乱れが生じてしまうのです。

男性型脱毛症となり毛乳頭の働きがジヒドロテストステロンによって阻害されると、成長期が極端に短くなる事が知られており、約半年から1年程度で成長途中の髪であっても抜けてしまいます。
髪が成長する期間が短い為、男性型脱毛症になると軟毛といって、髪が細くなり短くなる傾向にあり、また髪を作る機能が完全に停止してしまう、休止期の期間も男性型脱毛症によって長くなる為、髪が抜けやすくなるだけでなく、髪が生えにくくもなる為、薄毛はどんどん進行してしまいますし、何より放置していると症状は進みます。

最初は生え際や頭頂部といった、頭皮の局所的に脱毛が起こりますが、男性型脱毛症が進行すると脱毛範囲が広がってしまい、側頭部と後頭部以外に髪が生えてこなくなるかもしれません。
髪が抜けやすくなった、薄毛が気になるという場合、多くの方が育毛剤や発毛シャンプーを使ったり、頭皮マッサージなどでケアしますが、男性型脱毛症はジヒドロテストステロンという男性ホルモンが要因となり、起こっている脱毛症ですので、いくら外側からケアしても薄毛の進行を止める事はできませんが、皮膚科やメンズクリニックなどで受けられる薄毛治療によって、症状を改善する事が可能です。

医療機関で男性型脱毛症の治療法として、ポピュラーに処方されているのがフィナステリドという成分を配合した内服薬で、フィナロという種類の内服薬もフィナステリド製剤の1つと言われており、男性型脱毛症の治療に大きな効果を発揮します。

フィナロに含まれるフィナステリドは、男性ホルモンテストステロンを、ジヒドロテストステロンへと変えてしまう、5αリアクターゼという酵素の働きを阻害する作用があり、毛乳頭の働きを弱らせるジヒドロテストステロン自体を、作らせないようにする内服薬です。

1日1回服用するだけで男性型脱毛症治療の効果を得られるとして、多くの薄毛に悩む男性に支持されており、実際にフィナロをはじめとする、フィナステリド成分を配合した内服薬の服用を続けたところ、薄毛の進行がストップし髪も生えてきたという例は数多くあります。

男性型脱毛症は年齢を重ねた男性だけでなく、20代と若い世代の男性にも起こりうる脱毛症ですので、髪が薄くなったなと感じたら、医師に相談して早めに治療を始めてみてはいかがでしょう。

AGA外用薬ポラリスシリーズの浸透力

AGA治療に有効な成分「ミノキシジル」の外用薬としての使用を専門的に研究し、独自の成分構成の開発・調合により発毛に特化した製品を数多く販売しているアメリカのポラリス社製品『ポラリス』シリーズは、ミノキシジルを使用した外用薬の中でも圧倒的な改善効果が報告されており、現在5種類の製品があるそのラインナップは、ミノキシジル含有濃度5%以上のものを中心に、その他アミノ酸など異なる様々な有効成分をブレンドしたものがあり、利用者からは非常に高い発毛効果が得られると、多くの声が上がっています。

このシリーズに採用されている独自技術「リポスフィアテクノロジー」は、これまで頭皮から吸収されにくく表面で止まってしまいがちだったミノキシジル成分を肌細胞に近いレベルにまでミクロ化し、これによって毛穴の奥深くまで浸透させて細胞層まで送り届けることを可能にしており、またカプセル形状に揃えられた分子構造が頭皮の水分不足を改善して柔軟性を与えることで、頭皮の厚さや硬さに阻まれることなく、頭頂部や生え際といったあらゆる薄毛部分に対してミノキシジルが有効に働くので、より効果を得られやすくなっています。
このように、有効成分が角質層にしっかり浸透することで、頭皮に成分が残留しにくく皮膚への刺激が少なくなり、また頭皮を傷めるアルコールなどの使用量を極力抑えられる他、頭皮のより深い部分から吸収されることによって水分や頭皮の保護が強化され、これらによって非常に高い発毛促進効果が促されるのです。
一般的にAGA治療におけるミノキシジルの使用には、吸収効率があまり良くない外用よりも内服の方が効果的だとされていますが、同シリーズは、外用として最も重要と言える “浸透力” が圧倒的に高く、頭皮への吸収効率を徹底的に追求した技術が詰まっているため、数あるミノキシジル外用薬の中でもかなり効果の高い製品と言えます。
また副作用についてですが、一般的な外用ミノキシジルの副作用には低血圧や頭皮の痒みといった症状があると言われ、特にミノキシジル濃度がこれだけ高いとなればよりその強さも気になるところですが、実は利用者による副作用の報告結果によると、意外にもこれらの症状はかなり少ないことがわかっており、特に低血圧に関しては報告件数がほとんどありません。
そもそも、一般的に頭皮吸収のミノキシジルで低血圧を引き起こすほどの作用というのは医学的にも考えにくいことであり、どんなに圧倒的な浸透力を誇る場合であってもそれは同じで、血圧下降剤などとの併用による強い相乗効果が発生した場合でない限り、よく他の製品などで報告されている症状の多くは副作用の記載によるプラセボ効果(思い込み)である可能性が高いと言われています。また、ポラリスの利用者はそうした他製品に関する情報を既に知っている層が多いためにプラセボ効果が発生しにくく、これにより低血圧の報告もほとんどされていないと考えられます。
ただし、基本的にはこのような症状の心配はありませんが、心臓の既往症、血圧降下剤の服用など、低血圧を引き起こす可能性のある方は使用は控えて下さい。
次に頭皮の痒みやかぶれについてですが、一般的な製品の場合、爽快感や保湿性のために含まれているアルコール等が皮膚に多少の刺激を与え、紫外線に反応したりすることで炎症を起こすことがありますが、ポラリスの場合は独自技術によりアルコールなどの使用量を極限まで抑えることを可能にしているため、頭皮に対する影響が非常に少なく、ある一般的な製品の臨床試験による結果のおよそ半数以下にしか、痒みなどの症状は見受けられませんでした。
ただし、万が一炎症などが現れた場合は使用を中止しましょう。

AGAに対する効果においても、副作用の少なさにおいても、非常に優秀であると言えるポラリスシリーズは、ミノキシジル濃度や配合成分の異なる5つの製品が展開されており、また、朝と夜とでミノキシジル濃度の異なるものを使用することでより効果が高まるという傾向もあり、使い分けて使用する方も多いようです。また、他製品と比べても決して高価格でないことも人気の理由です。

AGAの治療薬、フィナステリドの効能など

AGAとは思春期以降の男性に多く見られる脱毛症状で、日本語では男性型脱毛症と表記されることがあり、前頭部からおでこの両側にかけてMの字に脱毛や薄毛が広がる、また頭頂部にOの字で脱毛や薄毛が広がる、このいずれか、もしくは両方が出てくるのが特徴であり、原因は様々あるとされていますが、最も多いのは男性ホルモンと特定酵素の結びつきによるものとされています。
なお男性ホルモンは女性の体内にも僅かながら分泌されていますから、これは女性にもあらわれることがある症状で、特に加齢によって発毛や育毛に大きな役割を果たしている女性ホルモンの分泌量が減少し、男性ホルモンが優位になった女性には多く見られる症状です。
発毛や育毛には毛母細胞や毛乳頭が分裂をすること、そして髪の成長に対する成長ホルモンが分泌されることが必要不可欠なのですが、毛母細胞や毛乳頭には男性ホルモン受容体が存在しており、そこに男性ホルモンが入り込むと、特定の酵素が分泌されてしまい、その特定酵素と男性ホルモンが結合すると、ジヒドロテストステロンと言う物質が作られてしまいます。
このジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種なのですが、非常に強力な男性ホルモンとも言うべき存在であり、皮脂を過剰に分泌したり、発毛や育毛に必要な成長因子の分泌を妨げる作用を持っているために、症状が出てきてしまうと言うのがメカニズムです。
特定酵素には2種類の型があり、ひとつは全ての毛の毛母細胞や毛乳頭に存在しており、もうひとつは前頭部や頭頂部の頭髪の毛母細胞や毛乳頭に存在しているため、AGAが発症するとその部分の脱毛や薄毛が進行してしまうと言うわけです。

AGAの原因が男性ホルモンと特定酵素の結合の場合は、それに働きかけることが必要で、その際に使用される薬の種類としてはフィナステリドと呼ばれる成分を含んだものが挙げられ、この成分は前立腺疾患治療のために医療現場で使用されていた成分でもあるため、男性ホルモンや特定酵素に対して働きかける力が強いのが特徴です。
フィナステリド配合は内服薬が一般的で、入手に関しては医師の処方箋を必要としますが、男性ホルモンや特定酵素に作用すると言う性質上、女性がフィナステリドを利用することは禁じられていますし、妊娠を目指している女性や妊婦さんに至っては、この錠剤の割れた欠片に触れることすら禁じられていますから、周囲にそのような人がいる場合は特別の配慮が求められます。
これは、この成分には副作用の可能性があるためで、たとえば妊婦さんの場合、胎児が男児であればその性器形成に影響が及ぶ可能性があるとされていますし、それ以外にも、服用者自身に性欲減退や勃起不全、乳房が膨らむ、体毛が薄くなるなどの女性化、うつ病に近いような活力の減退、そして肝臓への負担による肝機能障害などがあらわれることが挙げられます。
こうした副作用はまた、薬を利用している最中にだけあらわれると言うものではなく、服用を中断したにもかかわらず出てきたり、服用を完全に止めてから数年後に出てくることもありますから、事前にそれらの情報をきちんと理解したうえで、また肝機能に対して心配がある方は医師とよく相談したうえで、服用を開始することが求められます。

男性ホルモンと特定酵素の結合を原因とするAGAに関しては、フィナステリドは非常に高い効果を期待することができ、特にその症状の程度が浅い内に、早期の内にこの薬を利用した治療を開始すれば、比較的、早い内に効果を得ることができるとされています。
しかしAGAには、これ以外の原因、頭皮の血行不良や環境悪化、また個人の食生活や喫煙習慣、睡眠時間と言った生活習慣が関係している場合も多く、そうした場合はフィナステリド配合薬だけではなく、他の成分を含んだ育毛剤などを使用したり、生活習慣を見直すことなどが必要となります。
いずれが原因の場合でも、やはり発毛や育毛の周期が完全に乱れてしまう前に、早期に治療を受けることが重要です。

ミノキシジルはAGAに効く薬なのか

AGAとは男性型脱毛症の事を言いますが、近年盛んに語られるようになってきた言葉です。何種類もある脱毛のパターンの内の一つであり、世の中の全ての男性で薄毛の人、がAGAというわけではありませんが、特に薄毛の男性の場合はかなりの確率で該当する人が多く、特に若くして薄毛の人に多いのも特徴と言えます。原因は男性ホルモンとヘアサイクルの乱れであると言われており、男性ホルモンであるテストステロンは、体内の還元酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されますが、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することによって、髪の成長を抑制してしまうと言われています。AGAの原因は、脱毛部分の頭皮を解析すると、多量のジヒドロテストステロンが検出されることから男性ホルモンに起因するものと考えられており、実際に当該物質が多量に発生する状況を作っているものとしては、遺伝によるもの、ストレスによるもの、不規則な食生活、睡眠不足、運動不足など多くの原因の可能性が挙げられていますが、いずれも男性ホルモンに由来して生成するジヒドロテストステロンに起因して起こると考えられることから、AGA治療を専門にしている病院での治療は、当該物質の生成を抑制するフィナステリドなどの医療用医薬品の投与が行われることが多いようです。

一方、ミノキシジルは最も歴史の長い育毛剤主成分であり、1960年頃から高血圧対策用製品として登場し、1980年ころから育毛効果があることから育毛剤の主成分としての利用が始まりました。2000年代に入り、日本皮膚学会により、最高レベルの育毛効果を持つ成分としても認定され、育毛効果があることは様々な臨床試験によっても実証されてきています。効果のメカニズムについては、完全に明らかになっているわけではありませんが、元々血管拡張剤として高血圧対策用として使用されていましたから、頭皮の血行不良の改善に効果を発揮すると考えられ、更にはその効果の延長で、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化につながるとする説は、ある程度納得できるものであると思われます。従って、男性ホルモン起因の薄毛に限らず、女性の高齢化に伴う薄毛など、他の要因によって引き起こされる薄毛にも効果があると考えられ、男性ホルモン由来の薄毛対策用の経口薬であるフィナステリドが、前述のジヒドロテストステロン生成の抑制を狙った成分であるのに対して、ミノキシジルはこれとは異なる原理で育毛効果を発現すると考えられることから、両者を併用する事で相乗効果的に作用することも期待されます。
しかしながらミノキシジルを主成分とする育毛剤には、副作用の懸念もあります。当該主成分を含有する育毛剤の基剤であるプロピレングリコールに対するアレルギー反応によるかぶれ、塗布した箇所の肌荒れやニキビ、重い低血圧、意図しない過剰の増毛効果、下肢、顔、手足のしびれやむくみ、急速な体重増加などがありますが、さらに当該製品との因果関係は不明としながらも、重篤な、命にかかわる循環器疾患の事例も報告されており、その他の市販の育毛剤よりも、使用にあたっては注意が必要と言えます。2009年の改正薬事法施行によって、市販のミノキシジル含有育毛剤は、第一種医薬品に指定されており、法規制は強化されています。

このように、様々な副作用の心配がある点で注意が必要ではありますが、ミノキシジルが顕著な育毛効果を認定されている数少ない成分であることは確かであり、副作用の懸念は、はっきりした効果の裏返しでもあります。単独もしくは他のメカニズムで効果を発揮する成分との併用によっても、AGAに対して改善効果を発揮することが期待でき、今後ますます使用法や副作用回避の検討が進むことが期待されます。

フィンカーなどのAGAの薬のさまざまな種類

薄毛は中高年の男性のものと思われがちですが、最近では20代、30代の若い男性も薄毛に悩む方が増えていて、特に額からM字に脱毛していくM字型脱毛やUの字に薄毛が広がっていくU字脱毛、頭頂部から薄くなっていくので自分ではなかなか気づきにくいのが問題のO字脱毛などがあり、これらを総称してAGAや男性型脱毛症などと呼んでいます。
これらの男性型脱毛症の原因は男性ホルモンが過多の場合に引き起こされて脱毛男性ホルモンであるDHTが発毛のもととなる毛乳頭を攻撃するため、発毛が阻害されて抜け毛となってしまうことで、チェック方法としては洗髪時の抜け毛を調べることが有効です。
排水口に目の細かい布を敷いてシャンプーの際に抜け落ちたけの成長度合いをチェックし、太い髪の毛の中に発毛したばかりの若く細い毛や産毛が含まれていたら男性型脱毛症の可能性があるので注意が必要です。

男性型脱毛症では脱毛男性ホルモンDHTが原因ということがわかっていますので様々な種類の効果がある薬が使われて治療することができるので、自分にあった発毛剤と治療法をチェックして男性型脱毛症を克服することをおすすめします。
まず有名なのが外用薬のフィナステリドで、この成分は男性ホルモンのテストステロンが男性脱毛ホルモンのDHTに変換される時に働く、5a-リダクターゼの作用を弱める効果があり、結果として男性脱毛ホルモンの発生を防ぐ効果があるので発毛促進することができるのです。
このようなフィナステリドは内服として使われていてクリニックなどで処方してもらうことで入手してAGA治療に役立てることが出来るようになっています。
このフィナステリドを主成分とする内服にプロペシアがあり、プロペシアはドラッグストアやクリニックで広く使われている有名な発毛剤で、このプロペシアのジェネリックとしてはフィンカーがあります。
フィンカーはインドで作られているAGA治療のための成分でプロペシアのようにフィナステリドが主成分となっていて、高い発毛効果を期待できる成分です。

このような内服のための発毛剤の他にも外用の成分も多く利用されていて、その中でも有名なものがミノキシジルで、リアップやロゲインとして有名になっています。
これらの、外用成分はドラッグストアなどでも発毛剤として発売されているだけでなくクリニックでも家庭用として処方してもらうことができたり、効果の高い育毛メソセラピーにより、直接頭皮に注入する治療などにも使われている男性型脱毛症の中でも最も有名な発毛成分でもあり、クリニックの育毛メソセラピーではこうしたミノキシジルを細い針を使って直接地肌に注入するため、発毛効果をダイレクトに頭皮に伝えることができ、毛乳頭を活性化させて発毛効果を引き出すことができるのです。
そのほかにも自分の幹細胞を抽出して頭皮に注入することで毛乳頭を目覚めさせて発毛させるという再生医療も男性型脱毛症の治療として注目されており、ナチュラルな発毛法として人気を集めているのが特徴で、さらに自毛を移植する植毛という方法も確実な脱毛治療として高く評価されており、フィナステリドやミノキシジルでの治療の効果が見られない方などが広く希望されているのです。
このようなさまざまなAGA治療はさまざまな種類がありますが、全てが効果があるというわけではなく、自分の体質や脱毛の進行具合によっても最適なものが変わってきますので、クリニックのドクターに相談して、どのような治療が自分に合ったものかというアドバイスを受けて、一定期間治療を続けることが大切です。
少なくとも半年間勧められた育毛剤や治療を行い脱毛の改善状況をチェックしましょう。

プロスカーはAGA対策に効く薬

AGAは内服薬を用いて対策を行うことができますが、今では色々な薬が存在していますので複数の種類の中から選ぶことが可能であり、特に個人輸入を利用することによって選択肢を広げていくことができます。
そしてAGA対策のひとつとしてプロスカーがチョイスされることがありますが、しかしながらこれは本来AGA用のものではなく、前立腺肥大症を治療する為のものであり、それにも関わらず選ばれるのはどのような理由があるからなのでしょう。

なぜプロスカーが選ばれるのかということですが、その理由は正式なAGAの治療薬と同じ成分を配合しているからであり、しかも有効成分の配合量が多い為にチョイスする方が少なくないのです。
まず、正式な治療薬にはフィナステリドという成分が配合されているのですが、この成分は男性型脱毛症に有効とされており、脱毛を予防する為の成分として配合されています。
簡単にフィナステリドの作用秩序を確認してみますと、まず男性型脱毛症というのはジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛を促進する成分が引き金になって発症するのが特徴ですが、ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロン、そして還元酵素の5αリダクターゼが結合したことによって生まれる脱毛物質です。
つまりジヒドロステロンへの対策を行うことが男性型脱毛による薄毛を防ぐ為の手段であり、そして薄毛から回復させる為にも大切なのですが、そこで活躍するのがフィナステリドという成分であり、この成分を吸収することによって還元酵素の5αリダクターゼを阻害することができますし、結果的に脱毛物質のジヒドロテストステロンを抑制することができるとされています。
そして正式な治療薬の場合ですと、フィナステリドを1mg配合しているのですが、プロスカーの場合はフィナステリドを5mgも配合していますので、より高い効果に期待できるとして対策に用いる方が多いのです。
しかしながら、5mgを摂取することによって単純に効果が高くなる訳ではありませんし、副作用のリスクが高まるだけですので、配合力が多いから良いという訳でもないことを理解しておく必要があります。
ではなぜ敢えて選ぶ人がいるのかと言えば、それは安く手に入れることができる存在であり、そして分割して使用することによって対策に掛かるコストを大きく削減することができるという理由から人気となっているのです。
男性型脱毛症への対策として用いられるフィナステリドはずっと使い続ける必要がある為、対策をし続ける限りはコストが必須になってしまいますので、できるだけ安く済ませたいと考える方も少なくないのですが、そこで活躍するのが5mgを配合したプロスカーであり、分割して使用することによってコストを大幅に下げることができるという理由から人気となっているのです。
因みにフィナステリドにはジェネリック品もありますので、そちらの方を購入すれば価格は安いのですが、しかしながらジェネリックに対して不安を持っている方も少なくないようであり、その点、オリジナル品であるプロスカーなら効き目にも期待ができ、尚且つ価格が安いという理由で支持されることもあります。

以上のような理由によってAGA対策として用いられることがありますが、コストを安く抑える為にも有効な手段の一つとなっていますので、あまりお金を掛けることなく対策をしたい場合には候補に入れてみのも良いでしょう。
ただし、5mgでは摂取し過ぎとなってしまいますし、効果も高くなる訳ではありませんので、分割して服用するのが大原則として覚えておく必要があり、ピルカッターでカットするなどしてから服用する手間が必要となります。

AGA対策にフィンペシアという薬を利用する

AGAは、男性型脱毛症と呼ばれる先天的な頭髪に関する症状の事を意味し、AGAの完璧な治療には専用の品を使わなくては解決することが出来ないので早い段階で治療を進めるためにもフィンペシアという薬を使ったほうが良いのは間違いなく、しかもこうした便利なものは海外のジェネリックを利用することで容易に入手することが出来ます。

そもそも、なぜ男性型脱毛症は専門の薬を使わないと治療を進めて行くことが出来ないのかと言うと、それは生まれ持った体質によって頭皮の状態が決まってしまうからに他ならず、従来までは頭皮の薄毛が進行するのは後天的な日常生活から受ける外的要因の影響であると考えられてきましたし、確かに日常生活や会社でストレスを受けるとそれが頭皮に円形脱毛症となって現れることになるので、全くこれらが無関係であるというわけではありませんが、男性の約7割の人に関してはこうした状況とは無関係に頭皮の薄毛が進行することがわかったのです。
男性型脱毛症は、男性ならば誰でも生まれ持っている男性ホルモンの影響によって症状が進行し、男性ホルモンは男性の筋肉や骨を強化する働きを持っているためそれ自体が悪い物質であるというわけではありませんが、身体に過剰に含有していると脱毛作用を引き起こすDHTという物質を生み出すことがわかっているので、DHTが働き出すと頭皮の発毛作用が阻害されることになるので、自然と頭皮の薄毛が進行してしまうわけです。
そして、こうした症状を改善するためにフィンペシアという専門の薬が開発されました。実は、フィンペシアはAGA治療に非常に役に立っているプロペシアと同じ成分が含まれていますので、実はこうした成分が含まれているフィンペシアとプロペシアは同じ種類の薬に分類出来ます。具体的には、前者は後者のジェネリックとして提供されているものなのです。
日本国内だけではなく、国際的にも何らかの製品を提供するためには特許や著作権の登録が必要になり、日本国内の場合にもこうした規定が存在し、日本国内で美容整形や勃起不全、そしてAGAに関連する製品に大きな遅れが生じている理由がここにあります。基本的に、保険の適用などを受けることが出来る診療や技術に関しては、それらの方法が一般化して自由に使うことが出来るようになっている必要があり、美容整形や頭皮に関連する諸問題に関しては、世界的にもどんどん先進的な医療技術が開発されており、後発的な技術として提供する時期が遅れているわけです。そのため、これらの医療技術に関しては日本国内で利用する際に保険の適用を受けることが出来ない上に、こうした技術が一般化されないわけですから他の企業が製品として一般市場に出すことも許されないわけです。ジェネリックと言うのは、こうした先発的な技術や製品の著作権が切れて、自由に他の会社がそれらの製品を真似て作れるようになったもののことを指し、一般的には後発医薬品と定義されていますので、それに含まれる成分は先発的に作られた製品を全く同じになっているわけです。
フィンペシアの場合は、プロペシアのジェネリックとして海外で発売されているものですが個人輸入を利用すればこれを海外から輸入することが出来ますので、個人の目的で使うのならば法律にも違反することはありませんし、自身のタイミングで薄毛の治療を進めることが出来るのです。

このように、AGAに関する専門的な品は海外から既に個人でも手に入れることが出来る時代です。男性型脱毛症のようにはっきりと原因がわかっている場合には、海外から格安でこうした品を入手することでわざわざ病院に行かなくても自身で薄毛の治療が出来るようになっているのです。